一体、どう道を誤ったらこんなみっともない人生に辿り着くのか。広告代理店でキャリアウーマンとして働く熟女(真冬)は、理想が高いせいで恋人にも仕事にも求める条件が厳しく、39歳になるまでずっと独り身だったようだ。

しかし、ある時気づいたらしい。自分は寂しかっただけなんだと。誰にも構ってもらえないことで焦りを感じた女が選んだのは、男の奴隷として、牝犬のように調教されていく道だった。馬鹿の一つ覚えのようにチンポを欲しがる姿は無様としか言いようがないが、S男の調教プレイにマンコを濡らし、お漏らしまでするのだから、やっと自分の居場所が見つかったようで何よりだ。

チンポが欲しがる姿はまさにペット。ふしだらに小便をまき散らす惨めな熟女だ

マスクを付けられて後ろ手を縛られる女

赤いロープで縛られ、マスクを被せられている女。一見、従順になっているようにも見えるが、白いハイヒールがプライドの高さを表している。どうやらまだ調教が必要みたいだ。S男は女を四つん這いにさせ跨ると、チンポが欲しいのか?と聞きながら尻をぶっ叩き、マンコをローター責めしていく。S男の暴力に早速感じたふしだらな女は小便を漏らしてしまうのだ。

チンコを舐めさせられている女

卑しい女だ。チンポ欲しさにマーキングしてくるとは。S男はその服従心を買ってチンポをしゃぶらせるが、それだけでは満足しない。女の尻に蝋燭を垂らし、悲鳴を上げる女の口を抑え込むように無理やりフェラチオをさせるのだった。

チンポを挿入してもらえた嬉しさにS男をマーキング。犬でももう少しお行儀が良いぞ

蝋燭に火をつけられる女
お尻に蝋燭を垂らされる女

フェラチオ&蝋燭責めでマンコを濡らしまくっている女にS男はご褒美としてチンポを挿入してやることに。だがこの牝犬はよほど嬉しかったのか、ピストンを受けている最中にまたおしっこを漏らしてしまうのだ。汚い液体をひっかけられたことにS男は黙っているはずもなく、さらに女のマンコをガンガン突いていくのだった。

この年まで誰にも相手にされないと、ここまで落ちこぼれてしまうのか。まるで熟女の最底辺を見ているかのようだ。だが、今までお高くとまっていたツケが回ってきたと思えば、責め立てる罪悪感も薄れる。どうせ婚期も逃した寂しい女だ。チンポで可愛がってやるのも慈善活動というものさ。

激しくマンコを突かれ、最後には中出し!念願の精子でも、もう子供は産めないねえ

騎乗位で腰を振る女
バックから突かれる女

騎乗位だけでなくバックから挿入されていても、自分で腰を振ってチンポの快感に酔いしれようとする変態女。よほど寂しかったのだろう。今まで男に相手にされて来なかった分を取り戻すかのように、必死でチンポを貪る姿にはあっぱれだ。

最後には中出しをされてしまうのだが、残念なことにその年齢では妊娠するのは難しいだろう。それに万が一子供が産まれたらなんと言うつもりだろうか。「あなたは私が調教されて産まれてきたのよ」とでも言うのだろうか。いくら美人でもこんな寂しい39歳にはなりたくないものだな。

マングリ返しで突かれる女

編集後記

少子化が叫ばれている日本において、こういう馬鹿な熟女もその一因を担っているのだろう。男を選り好みし過ぎたせいで婚期を逃し、ついには誰にも相手にされなくなり、欲求不満な体を自分で慰める毎日。滑稽としか言いようがないな。だがこんな女でもS男の慰み物くらいの価値はある。それにこの女の体がどうなろうと誰も心配はしないだろう。性欲だけ馬鹿みたいに高まった熟れた体。思う存分イジメてぶっ壊してやろう。

今回は売れ残った馬鹿な痴女が自ら快楽を求めて牝犬に成り下がっていく様を描いた動画だ。寂しい夜を送っている女に少しでも同情する気持ちがあるなら、ぜひ見てもらいたい。「ミラクル」というマニアックなサイトで入手可能だ。