旅館や夏祭りに行くと、浴衣姿の女を多く見かける。おしとやかな装いだが、アソコの方がどうなのか。どうせひと通り遊んだ後、部屋やホテルで男のチンポにしゃぶりつき、濡れらしたマンコを見せびらかしているに違いない。今すぐに身ぐるみを剥がしてメス豚としての悦びを味わわせてやりたいものだ。

この女(雛)もそう。育ちの良さそうな上品な雰囲気を醸し出しているが、拘束してやると早速興奮して息を荒くしている。ローターの振動音を耳元で聞かせてやっただけで、股をモジモジし始めている。なんとも卑しいメス豚だ。こういうバカ女はしっかりと調教してやらなければいけない。

ケツを叩かれて上品な顔がはしたないメス豚顔に歪んでいく

ローターを当てられる女

女のご希望通りに浴衣の上からローターでマンコを刺激してやると、淫らな喘ぎ声を出すている。「気持ち…いい」などと感じているのだ。浴衣をはだけさせ、マンコに挿入してやろうとしたが、既にマン汁でぐちょぐちょのようだ。本当に淫乱な女だ。ローターを挿入させ、ケツを向かせてみる。これが意外にもキレイに引き締まったケツで、S男がちょっと褒めただけでまたすぐに興奮し始めるのだ。

スパンキングされる女

このド変態女をどうしたものか。ケツをぶっ叩いてやるとさらに喜んで感じやがる。どうやらこの女は男に調教されるのが大好きでたまらないらしい。お望み通り、S男はさらに調教のレベルを上げていくのだった。

野菜をぶっ挿されてよがる変態女はさらに卑猥な声を上げる

洗濯ばさみとローターで乳首を責められる女

ケツが赤くなるまで叩かれても苦痛を快感にしてしまうメス豚。さらに調教度を上げていくことに。乳首を洗濯ばさみでキツく挟み、その上からローターで責めてやると痛みに悶えながらも「ハァ、ハァ」とエロい息を漏らしている。もう一度ケツを向けさせ、今度は鞭でぶっ叩いてみると流石に痛いのか苦しい悲鳴を上げてくるのだ。

スパンキングですっかり火照った体。S男が胡瓜を取り出して「マンコに入れてやる」というと、長い胡瓜を見て怯んだのかいやいやと首を振るう女。だが、こんなに下品な女だ、欲しいに決まっている。目がそう言っている。胡瓜をマンコに挿入してやると、腰をくねらせながら「気持ち良いです…」と感じてしまっているのだ。

涎を垂らしながら責められる快感に酔いしれる変態メス豚

マンコに大根を入れられる女

胡瓜でも充分に感じているが、ゆるゆるのガバマンコには少々物足りないらしい。今度は太さもリーチも自信のある大根を挿入してやろう。S男が大根を見せつけてやると、流石に恐れを感じたのか、さっきよりも強く抵抗をしてくる。が、マンコは欲しいようだ。挿入してやるとズブズブ大根が入っていく。女は大根が奥に入るごとに「あっ」と声を漏らし、激しくピストンしてやるとあっけなく昇天してしまうのだった。

マンコにサツマイモを入れられる女
電マをあてられる女

その後もゴツゴツしたサツマイモを挿入され、さらにイッてしまうメス豚。最後に電マで気持ちよくしてやろうとしたのだが、腹に当てられただけでまた昇天…。昇天しながら涎をダラダラ垂らしていて何とも下品な顔をしているではないか。

オーガズムに達する女

編集後記

僕が初めて調教したのは高1の時。中学2年生だった地元の後輩に試してみたのだ。興味本位だったが、ケツを赤くなるまで叩いて泣き叫ぶ彼女を見て、興奮を覚えてしまったのだ。そのケツを僕に近づけさせ、マンコを開けてみると、膣を大きく開けてヒクヒクさせていた。女も虐げられることに悦びを感じるのか。僕はこの時から、暴力を振るわないと興奮できなくなってしまったのだ。

皆さんの中にも首絞めながらでないと勃起しないとか、女に泣いてもらわないと興奮しないとか、そういう方がいるだろう。だが女に対して同情する必要はない。女もそれを求めているのだから。この動画が何よりの証拠だ。「ミラクル」という多くのマニアに支持されているサイトで入手可能。