自分の体に自信がある女は高慢になり、周りを見下すようになる。そういう女は最後に何をするか、自分勝手に生きようとするのだ。所詮はただの慰み物の癖に生意気にも自分の人生を考え始める。肉便器は肉便器らしく、使い物にならなくなるまでチンポを咥え続ければ良いものを。

その美貌と美脚スタイルで数々の男を虜にしてきたAV女優、愛咲れいら。今までさんざん男のチンポを味わってきたというのに、突然引退を宣言したのだ。この女はどうやら、男の物として生きることに嫌気が差し、普通の生活に夢を抱いたらしい。全く成長のない売女だ。お前には性玩具として生きるしか道はないというのに。

開始早々、大勢の男に囲まれ、アナルを無理やり拡張させられる

連れ込まれるギャル

現役最後の撮影として、有終の美を飾る気でいた女。意気揚々と撮影を始めるも、男に無理やり連れてこられた部屋には、数十人の男たちが待っていたのだった。台本になかったのか、その光景に明らかな動揺を見せる女。その直後、ベッドに放り込まれると、全身をまさぐられ、ディープキスをお見舞いされるのだ。

全裸で無理やり足を開かされるギャル

そこからパンストとパンツをひん剥かれ、マンコとアナルを露わにすると、どんどん群がってくる男たち。熱気でカメラのレンズが曇りそうな勢いだ。強制クンニをされ、指とローター、バイブを二つの穴にズボズボ突っ込まれてしまう。必死に抵抗しながらも止まらない2穴責めに悶絶し、苦痛と恐怖で顔を歪ませていくのだった。

ヨダレを垂らしてもガバガバになってもなお犯され続ける三つの穴

マンコにカメラを突っ込まれるギャル

さんざん挿れられ続けたアナルは既にゆるゆるになっており、締りなど無くなっている状態。それでも男たちの非道なプレイは続いていく。マンコに無理やりカメラを突っ込まれ、まだ子供を授かれるであろう無傷の子宮を晒される辱めを受けたかと思えば、何本ものチンポを次々に口に突っ込まれ、イラマチオをさせられる女。ヨダレを垂らそうがお構いなしに、顎が外れる勢いでしゃぶらされてしまう。

中出しされたマンコ

休む間もなくマンコとアナルをむしゃぶりつかれ、ヌルヌルになったところでチンポを生挿入。必死の抵抗も虚しく、強制的に中出しされてしまうのだった。それでも気が済まない男たちの暴虐はさらに激しくなっていく。

家畜同然のメス豚に引退の権利などないのだ

輪姦されるギャル

屈曲位、側位、立ちバック、正常位など次々に体位を変えては激しいピストンでどんどんザーメンを中に出されていく女。マンコもアナルもすでにぐちょぐちょの状態で、シーツもずぶ濡れになっている。女は満身創痍になり意識が混濁している。汚れたチンポは口に放り込みお掃除フェラを強要。口の中もザーメンでどろどろの状態なのだ。

輪姦されるギャル

結局、合計9発の中出しを食らった女は縛り付けられてしまい、3つの穴を同時に使える肉便器へと変貌を遂げる。言葉もつかえないほどに意識が淀み、出るのはかすかな喘ぎ声のみ。男にとって理想の便器となった女は近々、近未来肉便器フェスタという催しで見世物として出展される予定だという。

編集後記

分相応に生きるのが世の理というもの。それに抗い、自由に生きようなどと抜かす肉便器にはそれ相応の罰が待ち受けている。女の社会進出。男女平等。女に優しい社会。そんなクソみたいな夢物語に思いを馳せている暇があったら、チンポの1本でもスッキリさせていれば良いものだ。女は所詮、男の性玩具にしか過ぎないのだからな。

この動画は、愚かにもAV業界から足を洗おうとした女の末路が描かれている。慰み物になることを拒否した肉便器がどうなるのか、ぜひ女にも見てもらいたい作品だ。きっともう男に逆らおうなんて思えまい。動画は「東京熱(TOKYO-HOT)」でゲットしてきました。凌辱ものの動画が豊富でめちゃくちゃいいサイトです。